おすすめのハンドメイドブック

2017/01/28

シンプルワードローブ コーディネートが楽しくなる服

シンプルワードローブ コーディネートが楽しくなる服

155cm,165cm,175cmのモデルさんを使って、身長別に出来上がりのイメージが掴める!というのが画期的という本ですが、実際はそれぞれの作品で1名のモデルさんしか着ていないからあまり参考にならないかも??

プルオーバー、チュニック、シャツ、ワンピースなどからパンツ、ジャケット、オーバーオール、トートバッグまであります。

定番アイテムで着回しが効きそうなデザインばっかりで嬉しいし、シンプルな形なんですけど、肩にタックが入ってたり、フレンチスリーブでも変形があったりして、ちょっとかわいい。
フレンチスリーブやラグランスリーブなど比較的初心者さんにも縫いやすいパターンが多いのも嬉しいです。

しかし、注意しなければいけないのは、全体的にダボッとしたシルエットなので、作ってみたらダボダボだった、なんてこともあります。

モデルさんみたいなホッソリした華奢な体型の方であれば、ダボッとしてもかわいいかもしれないんですけど、私の場合はかなり太って見えてしまって、作ったワンピースを無理やり脇を縮めて縫い直しました。
(調整が効くフレンチスリーブでよかった)

ドロースリーブワンピース

ドロースリーブワンピース 写真だとそんなにダボダボに見えないんですが、実際作ってみると紐を締めてもダボダボで無理やりサイズ調整しました汗 ルーズな形のワンピースであってもシーチングで仮縫いした方が安全なんですね。

ドロップネックブラウス

ドロップネックブラウス フラットカラーなので、初心者の方でも作りやすいのではないでしょうか。(シャツは襟が一番むずかしい…!)

一枚したてのジャケット

一枚したてのジャケット 裏地がないので簡単、といイメージがあるかもですけど、裏地がない、ということは「ジャケットを脱いだときに縫い目が見える」ということでもあります。市販の裏地なしジャケットだと、ロックミシンではなパイピングという手法で縫い代を別布で包むのが一般的です。もう少し腕を上げたらパイピングで作ってみたい作品です。※本ではロックミシンの処理になっています。

シンプルワードローブ コーディネートが楽しくなる服の詳細 内容紹介 カジュアルでリラックスしたムードのジャケットやパンツ。クラシカルなディテールを取り入れたガーリッシュなワンピース。どこかにポイントを効かせたべーシックな日常着を紹介。ソーイングの初心者でもトライしやすいように、それぞれのアイテムに難易度を付けステップごとに進んでいくことができます。全25点、実物大パターンつき。 著者について 文化服装学院 アパレルデザイン科卒。卒業後、アパレル数社で企業デザイナーとして勤務した後、パターン販売のブランド「Maille.」を立ち上げる。センスのいいデザインと、作りやすいパターンで確実にファンを増やしている。

リボンがま口バッグの無料パターン